医院開業に必要なこと

医院開業する場合、医療系の学校等を卒業していないと開業できません。また、無資格医は法律で罰せられます。

医院開業に必要なこと

医院開業に関する事情。

医院開業をする場合、医学部または歯学部を卒業し、当該資格等を取得することが必須の条件となります。また、医療機関を創設した場合、医薬品を取り扱うプロフェッショナルたる薬剤師を常駐させる必要が出てきます。医院開業をした場合、医者は医師会に加入することが求められます。ですが、医師会というのは、加入するかどうかは現時点では任意となっています。ただ、医師会に加入していれば患者側は安心することがよくあり、医師会加入は実質的には「義務」であると言った方が自然な表現となります。

医師免許等を取得した場合、先ずは研修医からスタートします。前期と後期とあり、後期の場合は年収が一千万円になることがあります。腕が磨かれた事に対する報いということかもしれませんが、医者というのは儲かる仕事となっています。研修医を終えた後は、勤務医として病院で雇われて医師として活躍がスタートされます。医師の収入ですが、高収入とされています。医療機関等に就職する場合、有資格者が大前提となっていることが当たり前とされており、医師免許取得者は病院に雇われる確率はかなり高くなります。

開業医となる場合、当然ですが、有資格者でなくてはなりません。無資格者の場合、法律により罰せられます。医師の資格を持っている場合、労働衛生に関する助言を行うことができるようになります。常時五十人以上の労働者がいる企業の場合、産業医として活躍をすることができるようになります。また、衛生面に関する助言をできる専門家になることができるようになります。労働衛生コンサルタントとして活躍でき、当該事務所を開業医の事務所の中に設けることもできるようになります。また、労働衛生コンサルタントになれば、経営コンサルティングの国家資格である社労士になることも可能となります。医療機関、労働衛生並びに経営のコンサルティングをこなす人もいるそうであり、年収は一千万円を超えることがあるそうです。医院開業した場合、医療機関だけに留まらずコンサルティングファームを開設することもできるので、収入アップは期待できそうですし、医者は高級車を所有していることを裏付ける説得材料になることでしょう。

注目の情報

Copyright 2017 医院開業に必要なこと All Rights Reserved.