医院開業に必要なこと

医院開業するためには、資金と場所の検討、提出書類の準備、医院の宣伝が必要です。相談団体もあります。

医院開業に必要なこと

医院開業するためには

風邪を引いたときや、少し体調が悪いとき、気軽にかかれるのがかかりつけの医院です。何かあったときのためにかかりつけの医院を見つけておくことはとても大切なことです。では医院開業をするためにはどうすればよいのでしょうか。主に新人の医師は病院で働いています。キャリアを積んだ医師が医院を開業することになります。まず検討することは医院開業の資金です。医院建築にいくらかかるか、収入はどれくらい見込めるか等検討を行います。開業することが決定したら、医院を建築する場所を検討します。テナントを借りるのか、一戸建てにするか、購入か賃貸かなど具体的に決めます。同時にいつ頃開業予定とするかを決定します。

医院の場所が決まったら、所轄の保健所への提出書類を準備します。医師免許やスタッフの看護師免許のコピーや、医院開業の届け出などたくさんあります。その他にも社会保険事務所や税務署にも提出する書類がたくさんあります。同時に医院について広告をうちだします。新聞の折り込みちらしにしたり、インターネットなどを活用します。スタッフの募集も必要なので、求人情報誌やハローワーク等に依頼をします。このような流れで医院開業を行います。無料で開業についての相談などを行う団体もあるため、相談してみてもいいかもしれません。

注目の情報

Copyright 2017 医院開業に必要なこと All Rights Reserved.