医院開業に必要なこと

医院開業には様々な形態があり、それぞれに利点と問題点があるのでそれらを見極めた上で判断することが大切です。

医院開業に必要なこと

医院開業における様々な形態の利点と問題点

医者となったからにはやはり自分の病院を手に入れて自分が考えた理想の医療を体現したいのではないでしょうか。しかし、病院を手に入れると言っても医院開業には様々な形態があり、その善し悪しをしっかり見極めたうえで選択をしていかなければなりません。

まずはなんと言っても戸建て開業です。自分のお金で病院を建てる方式でこれならば建物の細かなところまで自らの希望通りに手を加えることができます。しかし、そのためにはかなりの資金が必要となってきます。そこで土地を担保にお金を借りたり、借地に土地を建てたりという方法が取られることになります。それでも資金面で苦しいということになれば建て貸し戸建開業という地主さんに病院を建ててもらう方法があります。開業資金は安くてすみますが、その代わりに何十年にも渡って地主さんに家賃を払い続けなければなりません。

次にリースクリニックですが、これは業者が用意した病院をリースするというもので医療機器もセットで用意されているので開業資金は安く抑えることができますが、長期に渡るリース料を考えると最終的には割高になってしまいます。とにかく安く済ませたいというのならビル診療所開業がおすすめです。ビルの一区画を借りて開業する方法で、負担は家賃と内装工事ぐらいなので他の方法と比べれば長期的にみても一番低コストです。ただし、電気容量が不足していたり、空調設備が基準を満たしてない場合などがあるので物件の選択は慎重に行わなければなりません。

注目の情報

Copyright 2017 医院開業に必要なこと All Rights Reserved.